オーストラリアの農業分野でのワーキングホリデーとHorticulture Awardについて

daisuke.e3

ワーホリメーカーにとって農業分野での雇用は一般的であり、この分野に従事する労働者の権利と条件は、Horticulture Awardによって規定されています。この記事では、Horticulture Awardにおいて重要なポイントを分かりやすく紹介いたします!

1. 手当(Wet work・Leading hand・First aid)
Horticulture Awardには、労働者に対する各種手当が規定されています。たとえば、水に濡れる仕事に従事する労働者にはWet work手当が支給されます。また、品質管理(QC)等の役職に従事する労働者にはLeading handや応急処置の訓練を受けた労働者にはFirst aidの追加手当が支給されることがあります。手当についての詳細は、こちらのリンクで確認できます。

2. 労災手当の支給
労働中に事故や怪我が発生した場合、Horticulture Awardには労働者に対する労災手当の支給が規定されています。この手当は、労働者が安全に仕事を行うための重要な側面です。詳細はこちら

3. 休憩時間の規定
Horticulture Awardは、労働者の休憩時間に関する明確な規定を提供しています。休憩時間の適切な確保は、長時間の農業労働において非常に重要です。労働者は規定通りの休憩を取る権利があります。詳細はこちら

4. 最低賃金(労働レベル別)
Horticulture Awardは、労働者のスキルや経験に応じた最低賃金を設定しています。労働者のスキルや経験に応じて賃金が異なるため、公平な賃金の保証があります。労働レベルの定義についてはこちら

また、労働者のスキルや経験に応じた「レベルの定義」についても、理解しておくことが重要です。詳細はこちら

これらのポイントを理解し、Horticulture Awardの規定に従うことは、オーストラリアでの農業労働において非常に重要です。日本の若者が安全で公正な労働環境で働くために、これらの権利と条件を確実に守ることが必要です。Horticulture Awardの概要についてはこちら

プロフィール
でんすけ
でんすけ
海外移住コンサルタント
2022年12月からバリ島とオーストラリアの2拠点を始めました!日本語・英語・インドネシア語のトリリンガルです。夢のバリ島移住を目指して海外で起業に挑戦します。応援の方よろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました